総量規制って何?キャッシングするなら知っておきましょう!

総量規制って何なのでしょうか?キャッシングするなら知っておいたほうがいいと言えるでしょう。

総量規制というのはキャッシング(借金)できるのは原則年収の3分の1までときめているものです。ですので、基本的には年収の3分の1以上のお金は借りる事ができません。年収が300万の人なら最大100万まではキャッシングすることができるという事です。

でも、それならそれ以上必要な時はどうすればいいの?なんて疑問をもつでしょう。総量規制にはその対象になる借入と対象にならない借入があります。ですから、すでにローンを組んでいて限度額ぎりぎりまで使ってるからといって絶対にそれ以上キャッシングできないというわけではないのです。

総量規制というのはキャッシングを制限してあなたを困らせる物ではありません。むしろあなたを守っていると言えるでしょう。借金をしすぎて自分の返済能力を上回ってしまうと返済できなくなって困りますよね。ですからそういう事を防ぐために総量規制というのが存在しているわけです。

だから、対象となるならないにかかわらずどうしても必要なものに限っては年収の3分の1を超えていてもキャッシングすることができる事はあります。

総量規制には除外されるものと例外とがあります。除外されるものを先ほど言った通り対象になっていない借入です。例外というのは本来は年収の3分の1以上キャッシングできないけどこういう場合はできますよ。というものが定められています。例としては医療費です。ローンなどを組んでいて、その他にもけっこうキャッシングしていて、もう限度額に達している、そんな状況の時に急に医療費で50万くらいに必要になったからというのであれば例外としてお金を借りる事が出来ます。医療費けっこう高いですしね。その他にも社会通念上(生きていく上で)必要とされるものについては例外としてキャッシングできたりします。

このように総量規制は債務者を困らせる物ではなく助けるものだという事を覚えておきましょう。あと、いくら総量規制があるからといって限度額まで借りても確実に返せるかどうかは知りません。総量規制範囲内であれば確実に返せるという保証をしているわけではないですので借りすぎには気をつけてください。もしもの時のためにも総量規制の事はしっかり覚えておいてください。知らなかったからといって上限を超えて借りる事は出来ないのですから。返済計画は無理せず確実にこなせるように立てるようにしましょう。

閉じる